アプローチと聞いて直ぐにSWやPS,AWを考える方がいると思いますが実はスピンの量とグリーンの落下した形状を考えて決めた方が良いと考えます。例えば受けてる場合はスピンのかかるクラブを使えば必ず止まる。 それで距離がほしい場合は 同じ振りをして違うクラブに変更し同じ位置に落下してもランがでるよいうになる。下りの場合はスピンが掛かった弱くなるって転がりますが スピンが利いていない状態はいくらスピンを掛けたとしても手前に落としてもころがってします。

自分のクラブのスピンの掛かり方を理解することが大事である。 ラウンド回数が少ない方々スピンが掛かるか掛からないかわからないクラブで打つよりも8Iや9Iを使ったピッチエンドランの練習で転がる練習をした方が有効になる(同じところに落とすことが「出来る安心感 成功率が高くなる)