プロのレッスンやテレビ中継などを見ていると、ショットの際に時折、ラインを出すという言葉を耳にすることがあります。今回は、ショットの際にラインを出すという意味について説明したいと思います。ゴルフをプレーする中で、ラインという言葉はパッティングの時によく使われます。その際の一例としては、ラインに乗せてタッチを合わせてパッティングするとか、またはラインを消して強めにパッティングする、などというケースです。このようにパッティングの場合であれば、ラインという言葉の意味は理解できることと思います。では、ショットの場合に使われるラインという言葉の意味ですが、ショットの場合もパッティングの際に使われる意味とよく似ています。ショットの場合の意味としては、ショットの前に自分の頭の中でイメージした球筋、弾道、球質、のことを言うことが一般的です。

このように言うと上級者にしか該当しないことかと思うかもしれませんが、決してそうではなく、ビギナーやアベレージクラスのゴルフファーでも、得意なクラブを持ったりするとナイスショットが打てそうな気がしたりする時などは、十分にラインを出していることになるのです。ただし、アベレージクラスではそのイメージがぼんやりとしていて、ラインというほどにはならないかもしれません。しかし上級者になるにしたがって、自分のイメージした球筋や弾道が鮮明になり、ラインというものになっていくのです。このラインというものは、ゴルフをプレーする上で大変重要な要素でもあります。ショットの際、毎回イメージ作りを行い、ショットしていくということは、ただ漠然と打つよりははるかに上達の度合いが早いことを申し上げておきます。