時間がなくてなかなか練習場に行けない、という人や少しでもスコアを縮めたいという人のために、家でも行えるパッティング練習法について説明したいと思います。一番簡単にできる練習法としては、練習用のパッティングマットを購入して球を打つことが挙げられます。マットを使いカップインする練習も大切ですが、家で行う練習ではもう少し内容を変えて、パッティングの基本練習をすることをお勧めします。では基本練習の内容ですが、球を打つにあたり、その都度セットアップからアドレスを取り、毎回毎回球を同じ位置にセットできているか、また同じスタンス、同じアドレスから球を打つ準備ができているかを確認する練習をしてください。

実際のグリーンでは傾斜や目の錯覚などから、クラブのフェース面は目標に向いていても、球の位置が普段とは違っていたり、体が違う方向を向いているようなケースが多々あります。そのような場合カップインの確率は極端に低くなってしまいます。このように、どのような状況でも毎回不変のアドレスを取れるような練習を積むことをお勧めします。そしてもう一つ、球とクラブフェースを直角に打つ練習も重要です。いくらアドレスが良くても球を打つクラブのフェース面が目標を向いていなければ話になりません。この場合の練習法としては、約10センチ四方の厚手の板を球に見立てて打ってみるといいでしょう。打ってみて板が回ってしまうようでは、フェースの向きが正しいとはいえません。球を打つ練習も間違いなく大切ですが、このように、球を打つ前の準備作業の練習を重ねることで、着実に上達していくのです。