ゴルフスイングにおいて、アドレスの重要性については、レッスン書や指導者は最もよく指摘をする部分です。その中でも今回は、アドレス時にできる右手甲の角度の重要性について説明したいと思います。まずアドレスの重要性ですが、正しいアドレスができていたなら、バックスイングそしてダウンスイングと球を打ちに行った時、アドレスした時の正しい姿勢に戻りやすいことから、その重要性が説かれています。

右手甲の角度もまさにその通りで、アドレスした時の角度を覚えておけば、インパクトにその角度に戻って気安いということが言えます。右手のひらで球を打つ感覚を持つように、などと指導するプロもいることから、この右手甲の角度が変わってしまうということは、フェースの向きやロフトがアドレス時と変わってしまうということが言えます。当然スイングの安定度は低くなります。指導プロの中には、バックスイングでは右手が、フィニッシュでは左手がそれぞれ出前持ちのようになる、と指導するケースも見られるようですが、これは技術論の一例であり、根本的にはアドレス時にできる右手甲の角度を変えないことが、安定した球筋をもたらします。また、クラブの重量やスイングスピードのために、右手甲の角度が自然と変わってしまうことがあるかも知れませんが、角度を保つ意識をしているだけでもその効果は表れてきますので、球筋の安定しない人は、意識してみるといいでしょう。