ゴルフスイングの中で、切り返しという言葉をしばしば耳にします。今回はトップスイングからの切り返しを身に付ける方法について説明したいと思います。ゴルフのバックスイングは、クラブヘッド、手、腕、肩、腰、ひざの順で動き出します。当然切り返しはこれとは逆の順番で動き出さなければなりません。しかし、この動きを正確にできている人は果たして何人いるでしょうか。バックスイングのトップから切り替えしの時点で、最初に肩が開いたり、手から動き出したりしている人はいませんか。

もしそうだとするならば、次のような練習をして修正するといいでしょう。まず初めに、素振りです。素振りは実際に球は打ちませんから、自分のイメージをそのままスイングに表すことが可能です。ゆっくりや、早く素振りをしてみて、体の動きを認識するといいと思います。また、球を打つ場合でも急いで球を打つのではなく、ゆっくりとスローモーションの中で 1球1球打っていく練習法も効果的です。この際は飛距離を無視してもらって構いません。切り返しとは、バックスイングからダウンスイングに入る一瞬の「間」のことを言いますから、そこばかり意識しても身につくというものではありません。全体のスイングの中で身に付けていくようにするといいと思います。