ミドルアイアンから長いアイアンになるとシャンクが出てしまうという人がいますが、今回は長いアイアンになると、シャンクが続いてしまう場合について説明したいと思います。長いアイアンになるとシャンクが出てしまうという人の場合、クラブが十分に振り切れていない場合が考えられます。つまりどういうことかと言うと、振り上げたクラブがインパクトまでにアドレスと同じところに戻りきらないということです。結果として球をシャフトで打ちにいくようなことになってしまうのです。では何故このようになるかと言うと、アドレスした時に上半身に力が入りすぎていたり、グリップ、腕、肩、といった各部位に力が入りすぎてしまい、腕を振ることがおろそかになっていることが考えられます。

これは、ショートアイアンのように、クラブも短く球も上がり安いクラブのイメージと同じ感覚でミドルアイアンやロングアイアンを打っていることにも影響されています。クラブも長くロフトもないクラブではなかなか芯で球を捉えることはできません。ですから球も上がりづらく飛距離も出にくいのですが、それをショートアイアンと同じ感覚で打ってしまうと、実際とのギャップに悩みそして球にクラブヘッドを当てにいくようなスイングになってしまうのです。当然振り切れていないスイングではシャンクやミスショットが続いてしまうことは言うまでもありません。ミドルアイアンやロングアイアンは球が上がりにくい設計になっています。無理して球を上げようとしたり、意識して球を打ちにいくようなことはせず、普段のスイング、回転のあるスイングを心掛け、そうした中で球を捉えていくことが、ミスショットを減らしていくことのできる方法といえます。あとは各番手ごとにある程度正確な自分の飛距離を把握しておくことも大切です。