テレビのゴルフ中継やゴルフ番組を見ていると、アプローチの際に「突っ込む」という言葉をしばしば耳にします。今回はこの、アプローチで「突っ込む」ということについて説明したいと思います。ゴルフにおける突っ込むという言葉は、技術的に突っ込む場合と、コース戦略上突っ込む場合の、2種類があるといえるでしょう。技術的に突っ込む場合は、球に対して体が近づき飛球方向に体が動いていってしまう場合であり、戦略上突っ込む場合とはグリーン上のピンまで球を打っていくことを意味します。この2つの突っ込むケースのうち、テレビ等で意味しているのは後者の方といえます。

ではなぜピンまで球を打っていくことを突っ込むと言うのかというと、ゴルフの一般的なコース攻略法はピンに対して手前から攻めていくことがセオリーであり、ミスした時の影響も最小限に抑えることができます。これに対して突っ込んだ場合、ショットの左右のミス、またはグリーン奥への距離のジャッジミスは致命傷にもなりかねません。これはほとんどのコースのグリーン面がティーグランドに対して受けて造られているためで、奥や横からのリカバリーショットは大変難易度の高いアプローチショットが要求されるためです。このように、ピンに対し突っ込む場合には正確な距離のジャッジと、自身の正確な距離の打ち分けができなければなりません。各ホール突っ込んでピンの根元に球が行けばハイスコアは可能ですが、そのためには技術に裏づけされたショットが必要になるのです。アマチュアの皆さんもしっかりとしたアプローチを身につけてスコアアップに励んでください。