アドレスの際、しっかりと綺麗なグリップを作ったとしても、実際に球を打ってみるとフィニッシュでグリップが崩れてしまうということがあります。今回はスイング中にグリップの形が崩れてしまう場合について説明したいと思います。スイング中にグリップの形が崩れてしまう人は、グリップの形が悪いから崩れてしまうのか、それともスイングに問題があるからグリップが崩れてしまうのか、そのどちらかといえます。アマチュアがゴルフスイングをする場合、プロは必要以上にグリップには力を入れないように指導するのが一般的です。ですからグリップを強く握ってしまう人は、スイング全体に力が入りすぎてバランスが悪く、その結果としてグリップが崩れてしまったり、逆に弱く握りすぎている場合には、スイングの大きさや早さに負けてグリップが崩れてしまう場合があります。いずれもスイングとのバランスの悪さといえます。

例えば、目一杯コップに水の入ったグラスと、空のグラスを手に持つ場合には、無意識のうちに体が反応して適正な強さで持ち、そして慎重に扱います。ゴルフスイングも同様に、自分のスイングスピードと合ったグリップでクラブを握ることが必要です。全くグリップに違和感がなくスイングはしているが、グリップが崩れてしまうという人は、スイングの何処かに問題があるものと思われます。まずは素振りをたくさん行い、リズムのいいスイングをしてみると共に、正しいスイングを体に覚えこませることが先決です。自分のスイングと共にグリップの形、強さを検証するといいでしょう。