最近では、トッププロの中でも中尺、長尺パターを使用しているプロをよく見かけます。今回は中尺、長尺パターのメリットについて説明したいと思います。中尺、長尺パターを使用すると、スイングにおいて結果として手首が使われないこともあり、体の可動箇所が少なくなるため、フェースの向きが変わりづらく安定したストロークが可能となります。そしてストロークに難のある人、つまりクラブを大きく上げて軽く打ったり、小さく上げて強く打ったりする人に振り子の動きを理解させてくれるので、安定したストロークをもたらしてくれます。中尺、長尺パターは引き上げたクラブから手を離すと、引き上げた分の大きさだけクラブヘッドが動き球が転がるという振り子の原理が働き、いわばゴルフスイングの基本をそのまま実行することができます。

そこには打つという動作は無くなっているので、パッティングを苦手としている人には、最も適したクラブといえます。ではこの中尺、長尺パターにデメリットは無いのかというと、決してデメリットがないとわけではありません。まず、この振り子式のストロークと自分の体の中の距離感が合わない場合などは、全く距離の合わないパッティングとなってしまいます。更に、重いグリーンの場合などにはタッチが合いづらいばかりか、パッティングにパンチが入ってしまい、せっかくの振り子式のストロークが台無しになってしまう場合もあります。クラブを持ち実際に打ってみて、感覚的に受け入れられるようであれば、試してみることもお勧めです。