せっかくいいアドレスをしていても、いざバックスイングに入るとグリップに力が入ってしまうという人はいませんか。今回はバックスイングでグリップに力が入ってしまう場合について説明したいと思います。ゴルフのレッスン書などでは、グリップの力の目安を左手7、右手3などと説明しているものもありますが、やはりスイングのバランスを考えた場合は左右五分五分の力で握ることがごく自然といえます。バックスイングでグリップに力が入ってしまう原因としては、コックを早く行う場合に手首だけではなく、指先にまで力が入ってしまう場合があります。また、グリップの力を抜こうとしても右手だけ力が抜け、左手には力が入ってしまっている場合もあります。

これはクラブが抜けてしまうのではないかという不安から起こるケースです。このように、意識をしないようにしても無意識のうちに力が入ってしまっているケースが時々見受けられます。連続した素振りの中では力の入る割合が偏ってしまうことはありませんが、ゴルフのアドレスからバックスイングのように、静から動に移る時には余計な力が入るケースが十分あります。こうしたことにならないようにするには、力を抜いた連続した素振りや連続した球打ち、またグリップの力を最小にしてゆっくりとしたスイングで球を打つなどするといいと思います。バックスイングで力の入るスイングでは、滑らかなスイングから正確なショットも臨まれませんから、力が入ってしまう人は早めに修正するといいでしょう。