ゴルフスイングは体の軸を中心とした円運動が基本です。しかし、アマチュアの皆さんの中には、必要以上にバックスイングでクラブをインサイドに引いてしまう人を見かけます。今回は、バックスイングでクラブをインサイドに引くと起こる問題点について説明したいと思います。クラブをインサイドに引いてしまうと、左腕と左胸がくっ付いてしまい、高いトップは作れなくなります。

すると体は無意識のうちに高いトップを作ろうとするので、体の右の側面が伸び上がり、左サイドに寄りかかるようなスイングが出来上がってしまいます。この状態で球を打つと、正しい回転運動とは程遠いギッコンバッタンのスイングになってしまうのです。クラブをインサイドに引いてしまう人は、こうしたスイングに悩む人が多いのではないでしょうか。ではなぜクラブをインサイドに引いてしまうのかというと、球を凝視してスイングしようとするがために体の回転が妨げられ、その結果クラブをインサイドに引いてしまうケースがほとんどといえます。背骨を軸とした回転運動を第一に考え、左右への体重移動もしっかり行うことができるようになれば、こうした問題は減少してくるものと思われます。クラブをインサイドに引いてしまうと、ギッコンバッタンのスイングや体の右サイドが詰まった窮屈なスイングになってしまいます。こうした症状に身に覚えのある人は、クラブを上げる位置に気をつけてみてください。