ゴルフのスイングは複雑な動きが入り混じっています。その中でも、コックについて今回は説明してみたいと思います。コックの度合いというものは、スイングをする上で意識しないところ、つまり無意識のうちに行われることがごく自然といえます。ここまでバックスイングを上げたら、このくらい迄というのは特にありません。これは、体の柔軟性が個人によってまちまちであること、そして左手親指のグリップがロングサムであったり、ショートサムであったりするだけで、感覚が大きく違ってくるからです。ですから、あえてコックを意識したスイングをしてみて、自分自身がコントロール可能な範囲の動きであれば、そのコックは自分にとって適正といえるのです。

ゴルフのスイングは体の回転運動と共に素早い腕の振り、そしてコックといった動きが合わさり一つの動きとなっています。この一連の動きを乱すようなコックの使い方というのは良くない動きと言えます。コックを多く使うと若干クラブのヘッドスピードが速まり、飛距離が出ることがありますが当然方向性は悪くなります。またコックを必要以上に抑えて打つと飛距離は出ませんが方向性はよくなります。こうこしたことも十分に踏まえてスイングしてみるといいでしょう。尚、体の柔軟性やスイングの個人差によって、もっとコックを意識してスイングをしなければならない人、またその逆にコックを全く意識しなくても十分コックの動きができている人、と様々ですからビデオや他の人に見てもらい、練習することをお勧めします。