ゴルフスイングは、上半身と下半身を雑巾を絞るように捻っていくなどと表現をされることもあります。今回はバックスイングの際、左の肩はどのくらい捻るのがいいのか、ということについて説明したいと思います。バックスイングの際、球よりも右側つまり後方まで左肩を捻るのが一般的な捻転といえます。しかしこの捻転には、個人差がありますから全ての人が球の後ろまで左肩を回さなければならない、ということはありません。しかし、この左肩の捻転が小さいとスイングが小さくなり飛距離が出なかったり、慢性的なカット軌道になりスライスに悩まされたりすることにもなりかねません。

体が硬くスタンスを広く取っている人などはこうした原因も考えられますから、まずはスタンスを狭くし左肩が回りやすい状況を作ってあげるといいと思います。あと、理解してもらいたいのが、左肩だけに意識を集中するあまり、腰やひざがアンバランスな捻転になったりしていては意味がありません。ゴルフスイングの捻転とは、ひざ、腰、肩と、下半身の下の部位から順に捻転されていかなければなりません。ですから、肩ばかりを意識しすぎてバランスの悪いスイングになってしまったり、リズムもテンポもないスイングになってしまっては、何の意味もありません。確かに深い捻転は必要ですが、それを意識するあまりに全体のバランスが悪くなるようでしたら、見直す必要があります。スイングのタイプ、筋肉の硬さ、間接の硬さといったように、それぞれ人によって異なります。目安は球の後ろまでの捻転ですが、それぞれの状況に応じたスイングを心掛けるといいでしょう。