日本プロゴルフ協会(PGA)創立60周年記念パーティーが、7月10日午後6時から、東京・赤坂のホテルニューオータニで行われ、300人を超える出席者らがお祝いに駆けつけた。主催者挨拶では「真のゴルファーを育てて行きたい」とPGA倉本昌弘会長が、夢を語った。

PGA60周年パーティ 倉本昌弘会長による挨拶【拡大写真】

 1957年、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部でカナダカップが行われ、中村寅吉・小野光一の日本代表チームが世界の強豪を下して優勝した。これがゴルフ第一次ブームを巻き起こしたのだが、同じ年の7月26日に神奈川県の相模原ゴルフクラブに東西のプロゴルフ協会員が集い、協会の統一が決まった際には会員数は100名だった。それから60年を経て協会会員数は現在5542名を数える。

 協会の歴史を振り返り、挨拶に立ったPGA倉本昌弘会長は「(各ゴルフ協会と)力を合わせ、これからもさらに発展して行きたい」と抱負を語った。
 倉本会長と懇意にしているPGAオブアメリカのポール・リヴィ会長も駆けつけ祝辞と特別記念品を贈り、スポーツ庁・鈴木大地長官をはじめ日本ゴルフ協会・竹田恒正会長や日本女子プロゴルフ協会・小林浩美会長も祝辞を述べ、60周年パーティーに花を添えた。

PGA60周年パーティ 功労賞の表彰が行われた【拡大写真】
  そして、PGAの競技や事業に長年にわたり深く協力していただいている方々に対して「功労者表彰」を行った。スポンサー部門には、スターツコーポレーション、コマツ製作所、ファンケル、金秀本社の代表者が登壇。PGAゴルフアカデミーでは、太平洋クラブ、東条の森カントリーへ。放送局では、日本テレビ、ビーエス朝日に対して、倉本会長より感謝状と記念品を贈呈した。




 功労者表彰が行われた後、アトラクションとして永久シードの青木功、中嶋常幸、倉本昌弘、尾崎直道、片山晋呉の5選手によるトークショーでパーティー出席者を喜ばせた。倉本会長が「ゴルフ界に寄与できるようにジュニア選手の発掘に努め、ルールとマナー、技術をしっかり身に着けた真のゴルファーを育てて行きたい」と永久シード選手によるトークショーを締め、会場から盛大な拍手が沸き上がった。

PGA60周年パーティ 石井朝夫プロ【拡大写真】

 ツアー通算25勝の94歳、石井朝夫プロがスペシャルゲストとして壇上に上がり、先日2ラウンドプレーした話を前置きし「ゴルフをしていれば長生きできます」と話して大喝采を浴びた。
 最後にPGAティーチングプロアワード歴代最優秀受賞である桑田泉(10年受賞)、渕脇常弘(同12年)、岩垣貴栄(同13年)、松本哲也(同15年)、塩川隆幸(同17年)が紹介され、出席者に向けたワンポイントアドバイスは大好評だった。