ゴルフのスイングは体全体でバランスよく振らなければなりません。腕や肩、腰、ひざというように、様々な体の部位がそれぞれの働きをして一つのスイングとなっていくわけですが、今回はその中でも、ひざの動きについて注目し、スイング中どのくらい動くのか、ということについて説明したいと思います。まず、一言にひざの動きと言っても人それぞれの体型によっても、ひざの動き方は大きく異なります。背が高くて脚の長い人、背が低くて脚の短い人など、ただそれだけでも、ひざの動き方は大きく異なってきます。

ですから、プロのスイングなどを見て参考にする場合などには、体型やスイングのタイプなどが自分と似ている選手を参考にするといいでしょう。ではひざの役割について説明します。アドレスしたとき、球と目の距離は一定を保たれています。そしてスイング中においても、球と目の距離が大きく離れたり近づいたりすることはありません。これは主にひざの役割に負うところが多いのです。球に対して前傾し、実際のショットの際、体は起き上がりやすくなりますが、それを抑えているのがひざなのです。そしてスイング中バランスを保ったり、スイングの微調整をしているのもひざなのです。スタンスは肩幅もしくはそれよりやや広めに取られるのが一般的ですが、ひざもこの幅よりも外に向けて動くということはありません、この幅を保ちながら上下動を安定させるために、内側に向けて力が蓄えられています。こうした役割を意識しながら練習をすると、効果のある練習が可能となります。