雨が降っている中でのプレーは神経を使います。普段通りのプレーがなかなかできなくなってしまうものです。今回は雨の多い時期の注意事項について説明したいと思います。まず雨が降ってしまうと、どうしてもスイングのテンポが早くなってしまいます。雨に濡れたくない、気持ちに余裕がないなどの影響からです。普段晴れている時では球を打つまでのルーティンもしっかりしていて問題はなくても、雨の日の場合ではクラブの選択、濡れないようにグリップへの気配り、そして雨の音というように、自分の周りの環境が少なからず変わってしまいます。そうした状況では自分のルーティンができず、結果としてスイングテンポも早くなって乱れが出てきてしまうのです。

そうなれば当然ナイスショットの打てる確率は下がってしまいます。雨が降って一番変わってしまうことは、総じて言うと気持ちにゆとりがなくなってしまうことと言い切れると思います。上級者やプロは雨が降って体が濡れようが全く動じることなくプレーしています。これは技術に余裕があることも勿論ですが、換えのグローブをたくさん持っているとか、着替え用の服やズボン、また換えシューズなども十分準備しているといった、ゴルフ以外で気を遣うことがないことも要因なのかも知れません。雨の日には球もクラブも濡れていますから球のつかまりも悪くなりますし、球のスピン量も減ってしまうため、飛距離にも影響してきます。但し、こうしたことは経験を積めば慣れてくるのである程度は解消できます。雨の日にはタオルや着替えを余分に持っていき、濡れても気にならないでプレーするようにしてみてはどうでしょうか。できることはすぐにやってみましょう。