コースに出ると自分のプレー以外に対して他から様々な影響を受けてしまいます。今回は風について説明したいと思います。風といっても、微風から強風までその程度は様々です。一目瞭然で確認できる方法としては木々の葉やピンフラッグといった風になびく物を見ることです。あとは芝生をちぎって飛ばして見るという方法もあります。但し、林間コースのPAR3ホールのように、木々に囲まれたホールでは風が一定の方向から吹かず回ってしまったり、窪んだ地形の場所などでは風が吹き抜けたりするような場合もあり、いずれの場合をみても風は一定ではないということがいえます。

また、ティーグランドとグリーンでは風向きが異なるなど、その時々で刻々と変化していってしまうことがあります。ではこうした場面で風が読めなくなり方向が分からなくなってしまった時はどうしたらいいかというと、大きな風を読むようにすることです。それは上空を見て雲の流れを読むことです。風は些細な障害物でも向きが変わってしまいますが、上空を流れる風は大きく変化をすることはありませんから、悩んでしまったらまず大きな風を基本とし、その後に肌で感じる風も合わせて計算していくといいでしょう。あとは、クラブの番手選びをどのように判断するかということですが、その際注意しなければならないのは球筋の高低です。球筋の高い人は風の影響を大きく計算する必要があります。顔に当たる風を感じるようであれば1番手から2番手、木々の葉がざわざわしてきたら2番手から3番手といった目安はありますが、これは個人のスイングや球へのスピン量など様々な要素も係わってくるので一概にはいえません。またミドルアイアンでは球のスピン量も減りますから風の影響を受けないこともあります。これらが、風の日のプレーの注意点といえるでしょう。