このウィークリーレッスンやゴルフのレッスンの中でよくスイング軸という言葉を耳にします。今回はこのスイング軸を意識できる練習方法について説明したいと思います。通常直立した状態であれば体の軸は意識しやすいでしょうが、上体を前傾させるゴルフのスイングでは背中が丸まったりしてなかなか意識しにくいものです。ではゴルフスイングにおいてスイング軸を意識する方法ですが、まず初めにゴルフのアドレスのように前傾はせず、直立したままの状態でクラブを地面と並行に持ち、その並行を保ったまま右に左に連続で振ってみてください。

そうすると、背骨とはいいませんが、背中の背骨を中心にした部分が軸となってクラブが振られることと思います。これを何度も続けてみると体の中のスイングの中心というのが理解できてくると思います。あとは実際にアドレスをとり、上体を前傾させ実際のスイング同様素振りして見てください。少しずつ背骨を中心にした軸が意識できるようになってくるはずです。また、クラブだけではなく軽くて長い棒、例えばピンフラッグのようなものや、竹ぼうきといったものをクラブに変えて振ってみるのも軸を意識する練習としては有効です。こうした練習で軸を意識できるようになったら、今度は軸を太くする練習も行うといいでしょう。より一層のスイングの安定を図るのであれば、不安定な軸では上達は望めません。そのための練習としては、クラブにおもりをつけてみたり、野球のバットを振るなどして重くて振りにくいものを振り、軸を強くしていくといいでしょう。軸はスイングの中心です。素振りを多くして軸中心のスイングを作り上げてください。