インサイドに上げることは、先ずは軸に対する回転はうまく使えないので テークバックもトップの位置も 上がらなくなります。やはりクラブは、なるべくは自然に上がったほうが良いと思います。 自然とは体が回ることが自然なのでテークバックの際、手を内側に引くことは自然ではありません。 手をインサイドに引くことは 体が開きぎみとなり 普通のインパクトの時にも 腕が振り遅れてる状態になるので ボールがネックの部分でつまり 根本に当たりやすい状況となりシャンクが出たり ドライバーの場合はスライスになります。

また、アマチュアの方はアイアンではボールがソケットやシャンクになります。更に前傾もしていることが多いので 一番簡単なのはインサイドに上げないようにするには野球のバットスイングをする 素振りの段階から実際にしていれば、インサイドにはなかなか上がりません。 更にインサイドに上げて姿勢を前傾したものと考えれば なかなか ボールの下にある場所を打つことが出来ずバットスイングが前傾姿勢になるのがベストです。しかし、ボールを目の前にしてしまうとクラブをどこに上げていいかわからなくなるのが現実だと思います。ボールに向かうとクラブをどこに上げているかがわからなくなる。 普通の一般の方々に対して プロがレッスンで一言言うと ちょっと外側にアウトサイドに上げる感じでして下さい。と言えば 体が回ってきているのだから しっかりした本当のインサイドに しっかりした所に上がっているよ 真芯にあたらないとのでご注意を!。