10日PGA松井功会長が日清食品本社を訪問し、国連WFP協会の会長を務める安藤宏基日清食品ホールディングス代表取締役社長・CEOに、5月に開催した日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯におけるチャリティ金、17,948,932円を東日本大震災の支援金として寄付した。

感謝状贈呈安藤会長から感謝状が贈呈された

寄付を受けた安藤会長より、国連WFP協会が行っている東日本大震災の主な支援活動について、各国から日本政府に送られてきた救援物資の一部(毛布、水、缶詰など)を、空港や港などで荷受し被災地に輸送。更に、被災した自治体やNGOなどの支援団体が支援物資を一時保管するための大型テント45張と事務作業を行うためのプレハブ事務所36棟を建設し、ここを物流拠点として支援物資を被災地に配布しているとの説明を受け、支援金は被災地支援のために有意義に使わせていただきますとのお礼の言葉と共に、感謝状が贈られました。








チャリティ金内訳
 @大会賞金の10%          15,000,000円
 Aチャリティボックス             151,063円
 Bチャリティ握手会              322,869円
 Cチャリティスタンプラリー          325,000円
 D日本ゴルフ写真家協会
   写真パネル チャリティオークション 1,000,000円  
 E小野東洋GCからのチャリティ金  1,150,000円




国連WFP協会(正式名称:特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会)とは
 
国連WFP協会は、飢餓と貧困の撲滅を使命とするWFP 国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人で、日本におけるWFPの公式支援窓口です。日本国内において世界の飢餓問題やWFPの食糧支援活動に関する情報発信を行い、多くの人々が容易に参加できる支援の方法と機会を広く提供し、日本社会からの物心両面の貢献が格段に高まることを団体の目的としています。