PGAシニア後援競技である「第2回 金秀シニア 沖縄オ−プンゴルフト−ナメント」は、4月25日〜26日の2日間、喜瀬カントリークラブにて開催され、トータル138(−6)で池内信治(50)がシニア入り初優勝を飾った。


初日は湯原信光が67でトップ、2位タイに池内信治、飯合肇、海老原清治、文山義夫ら4名が並ぶ混戦となった。最終日はツアー優勝経験者による戦いが繰り広げられたが、1打差で飯合肇を振り切り、50歳の誕生日を迎えたばかりの池内信治が優勝した。

成績はこちら>>


<優勝者 池内信治プロ コメント>


「この試合が行われる週の始めに(20日)50歳の誕生日を迎えました。シニア入り直後で、初のシニア競技出場、そして優勝を飾れて本当に嬉しいです!スタート前はまさか優勝できるとは思っていなかったので、あまり緊張もせず、落ち着いてプレ−することができたことが優勝につながりました。この歳まで試合にこだわって、レギュラーの試合にも出場してきた経験が、ここで大きな結果になりましたね。これからますますPGAシニアを盛り上げていけるように頑張ります!」